こんにちは、日本トリム東京支社の藤田です。

 

今回は日本トリムグループの(株)トリムライフサポート平井社長と

ヒューマンライフコード(株)原田社長と一緒に今話題のお店で食事をしてきました!

そのお店というのは、このブログでも何度か紹介されております、

日本トリムのグループ会社がプロデュースする、

低糖質和食とワインのお店『Japanese cuisine 結つむぎ』です。

 

このお店はロカボをテーマに料理が構成されており、

フルコースで食事をしても糖質はおにぎり1個にも満たないとの事。

本当かな?と思っていたところ、今回は特別に食前と食後の血糖値を測ってくれました。

 

血糖値測定器TERUMO社.jpg

使用した血糖自己測定器「メディセ―フフィット」 ※テルモ株式会社製

 

【食前の血糖値】

その日はお昼に仕事があり昼食を15:30頃に食べたせいか、

19時の測定値121mg/dlとやはり高いです。

 

その後、フルコースをいただき、2時間半お酒も楽しくいただきました。

そしていざ測定!

 

【食後の血糖値】

なんと!85 mg/dlでびっくり!36もマイナス!

どうしても納得出来ず再度測定。2回目も85!【本当に下がってます】

平井社長も食前85 mg/dlから食後84 mg/dlへ!かなり驚いていました。

美味しいだけでなく、糖質がしっかりコントロールされているので

血糖値が高くて困っている方には本当に朗報です。

 

現在日本トリムグループはメディカルカンパニーへの転身を

目指して医療分野を急拡大させております。

今回会食で医療分野の可能性について直接話を聞かせてもらい、

トリムグループポテンシャルに感動しました。

 

私も日本トリム本体の営業としてトップセールスを維持する為にも、

グループ企業の取り組みを更に勉強をして、

どんどん知識と交流を深めていきたいと感じました。

しかしこの度の会食では直接グループの代表の方々のお話をいただく事が

どれだけ有意義である事かも実感しました。

皆さんから凄まじいエネルギーをいただきました。(感謝!)

 

三銃士.jpg

 

写真はこの先お互いに頑張る誓いをした唯一無二の写真です!!

(左から、平井・原田・藤田)

 

更なる飛躍と大きな夢、希望を持って日々頑張ります。

皆さんもぜひ寄ってみてくださいね。

 

低糖質和食とワインのお店「Japanese cuisine 結つむぎ」の

ご紹介ブログはこちらから♪

 

 

 

 

こんにちは、日本トリムです。

 

2018年8月、福井県立敦賀高等学校の生徒さん2名が

水素水について学習するために日本トリムの本社を訪問しました。

 

生徒さんたちは、学校の課外自主学習として水素水をテーマにしたことから、

日本トリムへ水素水について電話で質問をしてきてくれました。

それなら是非協力させてもらいたいということで今回の訪問が実現しました。

 

水素水について企業に電話をして、福井県から大阪まで来てくれるなんて、

とっても行動力があって研究熱心ですね。

 

まずは、日本トリム本社施設の中を案内。

大阪の中心地に位置している高層ビルから見下ろせる景色を堪能されている様子でした。

 

◎DSC_2687.JPG

◎DSC_2681.JPG

 

次に電解水素水整水器からでてくる電解水素水(*1)、

浄水が入っているそれぞれのコップにお茶の葉を入れて、

抽出力の比較実験を見てもらいました。

電解水素水の圧倒的な抽出力に、生徒さんも「すご~い」と驚きの一言。

とても見入ってくれていました。

 

◎DSC_2761.JPG

 

◎DSC_2750_resize.jpg

(左)浄水、(右)電解水素水

 

はい、では今から勉強会開始です!

と、その前に、まずは電解水素水と水道水を飲んでみて、

どちらが電解水素水か当ててみてください~。

それぞれのコップの水を口に含み、、、、「う~む。」

「こっち・・・・・!?」

 

◎DSC_2767_resize.jpg ◎DSC_2771_resize.jpg

 

結果は2人とも正解!

「わ~。良かった~。」嬉しかったと同時に少し安心した様子でした。

なぜ正解が分かったのか尋ねてみると、電解水素水の方が‘’美味しい‘’

‘’なめらかで飲みやすい‘’という理由がかえってきました。

 

◎DSC_2774_resize.jpg

 

その後、電解水素水整水器の歴史や、

電解水素水が飲用から医療や農業へ幅広い分野へ応用されていることなど

についてスライドを通して説明しました。

 

◎DSC_2808.JPG

 

1時間ほどの学習でしたが、「とても楽しく、勉強になりました。」

「水素水についてもっと興味がでてきました。」

ととても満足いただけた様子で、日本トリムとしても嬉しいかぎりです。

 

最後には、日本トリムの電解水素水をプレゼント!!

 

今回は、遠いところからありがとうございました。

良い水素水研究発表になるといいですね。応援しています!

 

(*1)電解水素水・・・水を電気分解したときに陰極側にできるアルカリ性で水素を豊富に含む水。

 

 

 

こんにちは、日本トリムです。

 

8月は花火やプール、海水浴にキャンプなど何かとイベントが多い時期ですね。

ちょっと食べ過ぎて、体脂肪が気になる!という方も多いのではないでしょうか?

そんな方に朗報です!

 

日本トリムのグループ会社である、

メディカルフードケア・ジャパン株式会社がプロデュースする

健康低糖質和食とワインが楽しめるお店

Japanese cuisine 結つむぎ」

8月8日、東京都西新橋にオープンしました!

 

外観.jpg

 

皆様は、低糖質食品って聞いたことがありますか?

最近ではロカボともいわれていますが、糖質(糖・炭水化物)を

制限した食品のことをいいます。

適正な糖質摂取を心がけることで、血糖上昇を抑えることができ、

ダイエットにも効果があると言われています。

 

結つむぎでは、管理栄養士による栄養計算された和食を低糖質で、

そして、日本を中心とした優良で希少なこだわりのワインを

ご用意しております。

低糖質なのにとても美味しく、見た目も美しいお料理も含め

早速皆様にご紹介いたします!

 

P7180882.JPG

 

こちらが店内の様子。

落ち着いた温かな雰囲気の空間が広がっています。

 

P7180788修正済.jpg

 

電解水素水をご自由にお持ち帰り頂けるよう

出入り口付近に日本トリムの電解水素水サーバーが設置されています。

ぜひお立ち寄りの際はマイボトルをご持参ください♪

 

そしてお料理がこちら!

 

P7180807修正済.jpg

P7180850修正済.jpg

P7180849修正済.jpg

 

こちらはディナーコース料理の一部です。

前菜やお吸い物、お刺身にメイン料理など全部で約8品楽しむことができます。

コース料理全て食べても、糖質は約22.6g!

22.6gはおにぎり約半分の量なのです。

驚きですよね!

もちろん全てのお料理に日本トリムの電解水素水が使われています。

 

・専門家がそれぞれの良い所を結ぶ

・他にないコンセプト「唯一無二(ゆいいつむに)」

これが、「結つむぎ」の店名の由来です。

 

ぜひ新橋にお越しの際は、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

 

---------------------------------------------

健康低糖質和食とワインのお店

Japanese cuisine 結つむぎ

〒105-0004

東京都港区西新橋1丁目16-2 山水ビル2F

TEL/03-6435-4785

Lunch  11:30~14:00

Dinner   17:30~21:30

Wine Bar  21:30~24:00

定休日/日曜日・祝日

※事前予約推奨

----------------------------------------------

 

 

こんにちは、日本トリムです。

 

暑い日が続いたと思えば、台風があちこちからやってきたりと

天気・気温ともになかなか安定しない毎日が続いていますね。

 

さて、8月5日(日)、聖路加国際大学 臨床学術センター(東京都中央区)にて

電解水透析研究会と日本トリムが共催で「電解水透析公開セミナー」を開催しました。

総勢約100名の方々にご参加いただき盛会となりましたのでご紹介いたします。

 

本セミナーは、これまで電解水素水を使用して、血液透析を行ってきた経緯や研究成果

(患者症状の変化とスタッフの働き方の変化、電解水透析システムの改善の歴史)を、

今年新しく厚生労働省より提示された指針と照らし合わせて発表しました。

 

DSC_0229(1).jpg

 

当日は、聖路加国際病院の中山先生をはじめ、3名の先生が講演をいただきました。

 

DSC_0237_shine.jpg

 

中山先生は、透析治療になぜ電解水素水が良いのかを説明されました。

酸化性の低減や、細胞への障害抑制などをわかりやすく解説し

参加者の関心を集めました。

 

DSC_0241_shine.jpg

 

大幸砂田橋クリニックの前田憲志先生は、

電解水透析治療で患者さんがどのように変わったのかを講演されました。

 

DSC_0248_shine.jpg

 

電解水透析は、通常行われている透析に比べて副作用がなく、

透析後に見舞われる疲労感も少ないとお話され、

患者さんに優しい血液透析療法であるとの説明がありました。

 

DSC_0253_shine.jpg

 

伊丹腎クリニックの伊丹儀友先生は、電解水透析の導入で

透析スタッフの労力が軽減されたと発表しました。

 

通常、透析後の患者さんは疲労感が強いため、

自力で歩行できるようになるまで時間がかかり、

血圧も安定しない場合が多々見られます。

 

電解水透析後の患者さんは、疲労感が少ないため、

自力ですぐに歩行でき、帰途につけることが多く、

全体的に血圧も安定しやすいとの説明がありました。

 

透析スタッフによる歩行補助などの業務が減るため、

結果としてスタッフの労力も軽減されるということだそうです。

 

最後は、総合討論がおこなわれ、

電解水透析の標準的治療に向けた意気込みも語られました。

 

◎DSC_0243.jpg

 

日本トリムは、今後も電解水透析の更なる普及に向けて、

研究・開発に取り組んでまいります。

 

 

 

こんにちは、日本トリムです。

6月29日(金)から7月1日(日)の日程で

第63回日本透析医学会学術集会が神戸の国際会議場他で開催されました。

 

P7010122.JPG

P7010049.JPG

2018学術集会のテーマは「腎甦絶技」

 

例年来場者数は2万人を超えており、

今回も医療関係者(医師、看護師、技師、栄養士etc.)を中心に

多くの方々が各会場に来場されました。

 

P7010040.JPG

それぞれ神戸にある国際会議場、国際展示場、ポートピアホテル、

ワールド記念ホール、アリストンホテルが会場となりました

 

透析演題スケジュール.png

※クリック頂くと大きく表示されます

 

P7010046.JPG

 

聖路加病院の中山昌明先生と伊丹腎クリニックの伊丹儀友先生の

ランチョンセミナーでは、用意した250席全てがあっという間に埋まり

次世代透析への関心の高さがうかがえました。

 

DSC_2580.JPG

 

『エビデンスに基づく次世代透析‐電解水透析療法‐』を演題として

お2人が講演されました。

 

DSC_2571.JPG

 

中山先生からはこれまでの電解水透析開発の経緯から始まり、

5年間の観察調査の結果として「死亡と心血管合併症の複合発生リスクを

統計学的に解析したところ、通常透析を1とした時に電解水透析は0.594であった。

つまり複合発生リスクを41%軽減した」旨の発表がありました。

 

DSC_2583.JPG

 

伊丹先生からはこれまで日鋼記念病院や東室蘭サテライトクリニックで

集計した患者のQOL(生活の質)向上のデータを様々な項目で発表されました。

 

DSC_2611.JPG

 

また、展示会場の透析用ブース・家庭用ブースにも沢山の方がいらっしゃいました。

 

P7010058.JPG

P7010054.JPG

 

ブースに用意した電解水透析に関するアンケートでは、

約400人もの来訪者から「透析困難症(透析中に発生する一過性の透析合併症で、

透析の継続が困難となる病態のこと)の患者さんに使用してみたい」、

「患者さんの生命・透析予後の改善に期待」などの

前向きなご意見からご要望まで沢山の貴重なお声を頂きました。

 

P7010100.JPG

 

電解水素水技術の血液透析応用は社会的意義と将来性が高い事業です。

引き続き積極的な研究とともに電解水透析の普及に努めてまいります。

 

※次回の第64回日本透析医学会学術集会はパシフィコ横浜にて

平成31年6月28日(金)~6月30日(日)の日程で開催される予定です。

 

 

 

こんにちは、日本トリムです。

 

6月26日(火)にヒルトン大阪(大阪市北区)にて

日本トリム第36期定時株主総会を開催いたしました。

 

DSC_2372.JPG

 

当日は梅雨の時季にも関わらず、天候にも恵まれ

約100名の株主様にご来場いただきました。

 

DSC_2373_blog.jpg

 

日本トリム代表・森澤からは、第36期の事業の状況や

新規事業分野の開拓などについてお話し、

グループ事業全般として、順調に進展している旨ご説明しました。

 

企業成長の鍵として、健康経営のご提案を行っており

B to Bを強化していることや

電解水素水の更なるエビデンス解明に向けて

様々な研究機関と共同研究を進めていることもお話しました。

 

DSC_2411_blog.jpg

 

そして総会終了後は、経営方針説明会を開催しました。

日本トリムグループの近況や、中国病院運営事業の進捗など

今後の展望について、日本トリム代表・森澤と

トリムメディカルホールディングス代表・清水より

ご説明させていただきました。

 

DSC_2477.JPG

 

DSC_2504.JPG

 

また会場の外には、例年同様、日本トリムの製品について

ご理解をより深めていただけるよう、

農業用整水器や家庭用整水器などを展示し、

多くの株主さまに実際の製品をご覧いただきました。

 

手土産blog.jpg

 

当日ご来場いただいた株主様にお渡ししております、

お手土産の中には、焼き菓子や資料の他に、

日本トリム代表・森澤が著わした書籍

『水に価値がついた日』をお入れしております。

 

書籍カバー.png

 

代表・森澤が日本トリムを立ち上げるきっかけや

起業してからのエピソードなど、

水の価値とそのエビデンスについて著わしています。

 

ぜひ、お近くの書店にてお買い求めいただき

ご一読頂けますと幸いです。

 

株主総会当日、ご出席いただきました株主の皆様に

厚く御礼申し上げます。

ご期待に応えるべく、今後も日本トリムグループは全社一丸となり

業績の向上に努めてまいります!

 

【書籍詳細】

タイトル:『水に価値がついた日』

定価:1,620円(税込)

発売:平成30年5月28

出版社:ダイヤモンド社

ISBNコード:978-4-478-08438-0

 

 

こんにちは、日本トリムです。

 

全国的に梅雨入りした途端、晴天の日が続いたりと

今年の6月は寒暖差が激しいので服装にも気を遣いますよね。

また6月~7月にかけては1年でも紫外線が強い時期だと言われています。

体調管理や紫外線対策をしっかり行っていきましょう。

 

さて、日本トリムでは不定期ですが還元野菜セットを販売しています。

還元野菜とは、日本トリム独自の野菜ブランドで

野菜を育てるお水に電解水素水を使っています。

野菜本来の持つ抗酸化成分などが通常よりも高い傾向にあり、

毎回還元野菜セット販売は大好評をいただいています。

 

そんな中、現在イオンモール神戸南様にある神戸垂水青果様にて

日本トリムの電解水素水で育ったパプリカが

販売されているということで、ご紹介したいと思います♪

 

パプリカ販売状況1.jpg

 

こちら!電解水素水で育ったパプリカとして、

1つ1つ「還元野菜」のシールが貼られているのが目印です。

次世代型ハウス(高知県南国市)でお馴染の

株式会社南国スタイル様にて丹精こめて育てられたパプリカです。

 

パプリカ販売状況3_修正.jpg

 

イオンモール神戸南様にある神戸垂水青果様では、昨年より「高知県コーナー」が

設置されているそうで、日本トリムの電解水素水で育ったパプリカは

今年より店頭に仲間入りしました♪

日照時間が国内トップクラスの高知県で育った野菜は

イオンモール神戸南様の近隣にお住まいのお客様にも好評なのだとか。

 

市場に出回っているパプリカは約9割が輸入品と言われていますが、

こちらのパプリカは国産品のためしっかり熟してから収穫ができるため

肉厚さ、ジューシーさ、甘さには自信があります!

 

パプリカ販売状況2.jpg

 

電解水素水で育ったパプリカは、一旦7月末で生産が終わりますが、

9月には苗を植え付け、11月中旬より再び出荷が始まります。

 

こちらの高知県産食品のコーナーは、

今年度中は常設されているそうですので

神戸にお立ち寄りの際は足を運んでみてはいかがでしょうか?

元気いっぱいの高知県産食品が皆様をお待ちしています♪

 

神戸垂水青果(イオンモール神戸南内)

兵庫県神戸市兵庫区中之島2丁目1番1

TEL
:078-381-7300

http://kobeminami-aeonmall.com/shop/detail/5

 

 

 

こんにちは。日本トリムです。

 

真夏日が続くかと思えば、上着が必要なほど肌寒くなったりと

気温差の激しい日々が続いておりました。

こまめな水分補給を忘れず体調管理には気を付けましょうね。

 

さて、5月12日に春恒例の「社内ゴルフコンペ」が行われましたので、

その模様をお伝えします!

会場となったのは、大甲賀カントリークラブ・神コース(滋賀県甲賀市)でした。

 

ゴルフ場_blog.png

大甲賀カントリークラブ(写真:公式HPより引用)

 

今回は代表の森澤をはじめ、本社,名古屋,金沢,姫路から集結。

OBのW氏にもお越し頂き、総勢で21名の参加となりました。

 

2018-05-12+08_39_24_blog.jpg

前回の覇者Kが幹事となりルール説明 (右から三番目)

 

天候にもたいへん恵まれ、晴天下いよいよ始球式です。

2018-05-12+08_50_48.jpg

始球式を務める代表の森澤

 

打球はフェアウェイを一直線、見事ど真ん中に着地しました♪

 

2018-05-12+08_50_51_blog.jpg

 

一同、高まる気持ちを整え精神集中。

ここから6組21名による熱いバトルが繰り広げられました!

 

2018-05-12+08_51_42_blog.jpg

 

そして・・・

プレー後は、順次パーティー会場に集合。

成績発表&表彰式へと移りました。

2018-05-12+15_23_24_blog.jpg

パーティー会場の様子

 

ここで代表森澤から「全国共通商品券」を賞品としてご提供頂き、

突然のサプライズに会場は興奮のるつぼと化しました!

 

また、今回の目玉賞品である「スチームトースター」を受賞した

代表・森澤(4位)でしたが、その受け取りを辞退した為、

トースターはサプライズの商品券とともに勝ち取り戦のジャンケン大会へと発展!

一同、大いに盛り上がりました!

 

2018-05-12+15_38_58_blog.jpg

ジャンケン大会♪

 

2018-05-12+15_40_51_blog.jpg

勝ち取ったスチームトースターを掲げるO

 

そして見事優勝に輝いたのは・・・社内屈指の飛ばし屋K。

終始安定したゴルフをみせたKに対し、

前回の覇者は後半の崩れが響き、結果2位となりました。

 

2018-05-12+15_37_14_blog.jpg

控え目な笑みで優勝賞品を受け取るK

 

Kはベスグロ賞とドラコン賞も合わせて獲得し、

近江牛&賞金をダブルGETという完全勝利で今回のコンペはお開きとなりました。

 

2018-05-12+08_44_52_blog.jpg

 

社内での春・秋コンペは、仲間とリフレッシュできる有意義な機会となっています。

みなさんはどのようなリフレッシュ方法をお持ちでしょうか?

屋外スポーツも心身ともに解放されて気持ち良いですよ!

 

 

こんにちは、日本トリムです。

 

日本トリムが参画する病院運営事業において

兼ねてより建設が進められていた、

漢クン(王ヘンに昆)病院(中国・北京市)で

開院式が5月9日に行われました。

その様子をご紹介したいと思います。

 

病院運営事業へ参入のリリースはこちらから

開院式におけるリリースはこちらから

 

IMG_0138.JPG

漢クン病院の正門

 

IMG_0146.JPG

 

晴天に恵まれ、開院にふさわしい天気の最中、

式典には約120名の関係者・医療従事者の方々が詰めかけました。

関係者による祝辞やテープカット、

また、医療スタッフによる宣誓などが行われました。

 

IMG_0155_resize.jpg

壇上で祝辞を送る代表・森澤

 

IMG_0174_resize.jpg

テープカットの様子

 

日本トリム代表・森澤より

「漢クン(王ヘンに昆)病院の皆さん、

 本日は誠におめでとうございます。

 この病院がフラッグシップとして順風満帆に船出し、

 そして、当病院運営事業が日中友好の懸け橋の一つとして

大きく発展することを期待しております。」

と祝辞を述べました。

 

開院式の後は、病院内の見学会が行われました。

 

IMG_0210_resize.jpg

透析室

 

IMG_0225.JPG

病室

 

中国初の日本式病院ということで、

当社の電解水透析システムをはじめ

病室のベッドに至るまで日本製のものを使用します。

中国の患者さんのQOL向上に向けて

細やかな部分もこだわりながら準備を進めてきました。

 

政府の支援を受けながら、本プロジェクトが始動して約2年。

晴れて無事に開院の日を迎えることができました。

予防・診断・治療を重視した日本式の優しい医療サービスを

これから多くの患者さんに提供してまいります。

そして、日中両国の友好関係の発展に寄与すべく

使命感をもって、今後も取り組んで参ります。

是非、ご期待ください。

 

 

 

こんにちは。日本トリムです。

 

4月26日(木)にベルサール八重洲(東京都・中央区)にて

日本トリム第36期決算説明会を開催いたしました。

 

P4260741resize.jpg

 

まず、日本トリム代表取締役・森澤より、日本トリムグループビジネスの概況

および実績・指標などを説明させて頂きました。

 

P4260731.JPG

 

整水器販売事業については回復基調となっており、

健康経営の提案に注力したBtoB営業の導入を本格化していく事をお話しました。

また、「健康経営優良法人2018 ~ホワイト500~」に2年連続で認定された事や、

米国科学誌「PLOS ONE」に共同論文(電解水素水のバブリング水素水に対する優位性)が

掲載された事をご紹介しました。

引き続き、理化学研究所や東北大学などさまざまな機関との共同研究により

電解水素水の機序・機能を解明し、エビデンス強化に取り組んでまいります。

 

その他、医療・先進医療・農業分野での事業拡充にて、

日本トリムグループ全体では2027年3月期を目途に

売上高1,000億円企業を目指す旨をお伝えしました。

 

P4260735.JPG

 

トリムメディカルホールディングス代表取締役・清水からは、

医療・先進医療に関連するグループ会社の現況と

今後の展望についてご説明しました。

民間バンクとして保管数シェア約96%を占めるさい帯血バンク事業では、

ステムセル研究所の概要とさい帯血を用いた再生医療の注目度の高まりや

高知大学での臨床研究などについてお話しました。

また、国産細胞医薬品の研究開発から製造・販売までを

行うヒューマンライフコード株式会社や、

日経新聞朝刊でトップ記事となった

中国での病院チェーン事業では展開第一号となる

北京・漢琨病院の開院について(2018.5.9開院式)をご説明しました。

その他、医薬研究・医療関連機器の企画開発から

製造・販売までを行うストレックス株式会社についてもお話しました。

日本トリムグループが行う医療事業全般についての将来性、

今後飛躍的に伸びていく分野へ果敢にチャレンジしていく事をお伝えしました。

 

P4260740.JPG

 

機関投資家様、株主様を含め関係者皆様のご期待に応えることが出来ます様、

日本トリムグループはメディカルカンパニーへの飛躍を目指し、

引き続き真摯に取り組んで参ります。

今期もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ページの先頭へ